お食事のご案内

お食事

料理も、雰囲気も分かち合う
想い出にのこるディナータイム

Lunaラスティック・フレンチ -コンセプト-

テーマは『量は控え目、一品ひとしなを上質に』
南阿蘇の食材の美味しさと、田舎らしい素朴なおもてなしの融合

料理長が手間ひまかけたお料理に、素朴なスタッフのあたたかいおもてなし。

『食事は楽しむためにある』という原点に立ち返り、

素材や調理法はもちろん、木のぬくもりが感じられる器にもこだわって、

料理も雰囲気も分かち合える自然派フレンチのテーブルビュッフェを考案しました。

クラシカルな森の洋館で楽しむディナータイムが、お客様の一生の想い出になりますように。

南阿蘇産、熊本産の食材へのこだわり

「私はなにもしてないよ、野菜やお肉、お魚、素材そのものが美味しいんだよ」 (料理長)

当館の料理長は、なによりも南阿蘇の野菜が好きな女性です。

自分が大好きな南阿蘇や熊本の食材を美味しく食べてもらいたい。素材の美味しさを最大限に引き出したい。

その一心で、今日もお客様の笑顔のために、厨房で腕をふるいます。

当館のお食事は完全予約制で、当日の変更や追加は出来ません。

バイキングスタイルのレストランのように多くの品数があるわけではありませんが、一品ひとしな丁寧にていねいに、時間と手間をかけて、集めた上質な素材を調理していくのです。

稀少な阿蘇あか牛の“フィレ肉”とは?

ご予約いただく価値のある”究極の牛肉”のひとつです

もうひとつ、当館で人気なのが『阿蘇あか牛のフィレステーキ』です。

大草原の自然放牧で育つ阿蘇あか牛は、脂肪分が少なめで、本当に赤身が美味しい!あか牛は放牧によって健全に育てられた和牛です。

確かにとっても健康なんですが、反面、黒毛和牛と比べて筋が多く、肉もちょっと固めです。…そう、フィレ肉をのぞいては!

フィレ肉は、一頭から取れる量のたった3%ほどしかない稀少部位です。部位の中で最も運動しない箇所であるため、非常に柔らかく、脂肪のほとんどない赤身肉です。阿蘇あか牛のフィレ肉とは、自然放牧による和牛の赤身の美味しさと、筋のない最高のやわらかさを両立した“究極の牛肉”のひとつと言えます。

本来なら、たいへん稀少な部位なので手に入れるのが難しいのですが…当館料理長の努力によって、事前ご予約のお客様にはいつもお楽しみいただいております。

少々お値段は上がりますが、阿蘇のグルメを堪能したい方にはおすすめです。きっとご満足いただけると思いますよ。

詳しいお食事のご案内

ご夕食のご案内

『Lunaラスティック・フレンチ』

お子様のお食事

手作りの優しい味わい

アラカルトメニュー

OPTION & SIDE MENU

ご朝食のご案内

手作りの焼き立てパン

よくあるご質問

FAQ

Q: 食物アレルギーは対応できますか?

A:事前にお申し付けいただければご対応可能です。ご予約時に、お気軽にご相談ください。

Q: レストランで煙草は吸えますか?

A:客室・レストラン・共有スペースは禁煙となっております。1階ロビーに喫煙コーナーがありますので、そちらをご利用ください。

Q: 子どもの料理の内容はなんですか?

A:お子さま料金でのご宿泊のお客様はハンバーグコースです。小さなお子さまには、パン・スープセットもご用意しております。詳しくは、お子さま料理のご案内をご覧ください。

料理ブログ

BLOG